文字サイズ変更

研究会・セミナー関連・学会関連

Seminar Information & Academic Information

学会関連

MDSJ教育講演会

第6回MDSJ教育講演会

平成30年2月11日(日)に日本パーキンソン病・運動障害疾患学会(MDSJ)の第6回PDナース研修会が開催されました。パーキンソン病(PD)は、高齢化と共に増加している神経変性疾患で診断や治療、精神的ケアなど包括的治療が重要で医師のみならず、多職種での関わりが求められています。その中でもチーム医療のPD病態や治療など卓越した専門的知識を有する看護師(PDナース)の育成が急務となっています。今回のPDナース研修会は、MDSJが主催して今回第6回目を迎え、九州では初めての開催となりました。

時間 内容 演者
10:00-10:05 開会挨拶 福岡大学病院 坪井 義夫
10:05-10:35 パーキンソン病の運動症状 福岡大学病院 坪井 義夫
10:35-11:05 パーキンソン病の非運動症状 熊本再春荘病院 栗﨑 玲一
11:05-11:35 パーキンソン病の診断 藤元総合病院 大窪 隆一
11:35-12:05 パーキンソン病の治療 沖縄病院 渡嘉敷 崇
休憩(10分)
ランチョンセミナー 座長 福岡大学病院 坪井 義夫
12:15-13:00 私の考えるパーキンソン病、私の考えるPDナース 国立精神・神経医療研究センター
村田 美穂
休憩(20分)
13:20-13:50 パーキンソン病のリハビリテーション 村上華林堂病院 北野 晃祐
事例検討会 座長 福岡大学病院 坪井 義夫
福岡大学病院 楢崎 和美
13:50-14:05 看護師から見た、デュオドーパ療法に関する
諸問題とその対処法
福岡大学病院 山本 澄子
14:05-14:20 在宅療養するパーキンソン病患者に対する
訪問看護の関わり
村上華林堂病院 深川 知栄
14:20-14:35 PD患者における終末期ケア 国立精神・神経医療研究センター
花井 亜紀子
休憩(15分)
パネルディスカッション ~パーキンソン病の看護~ 座長 福岡大学病院 坪井 義夫
福岡大学病院 楢崎 和美
14:50-15:50 パネリスト
福岡大学病院 山本 澄子
村上華林堂病院 深川 知栄
国立精神・神経医療研究センター 花井 亜紀子
  閉会挨拶 福岡大学病院 中川 明子

実臨床で関わった症例の提示や終末期ケア、看護の在り方など幅広い分野での有意義な発表、討論が行われました。県内外から多くの看護師の方に参加頂き、大変盛況のうちに会を終えることが出来ました。今後、当院では、パーキンソン病の啓発、診断、治療、ケア、研究などを行うパーキンソン病センターの立ち上げを行う予定でより一層多職種でのパーキンソン病診療に臨んでいきたいと考えております。